YADOSUは1日1組限定のアトリエ付きレジデンスです

YADOSU 金沢


日々の生活をしていると、圧倒的に自由だけの空間や時間、仲間たちといる場所、そんなスペースが少ないことに気がつきます。旅にでも出て、静かな何でもない空間と時間に身を委ねたい。“とまる” “みつめる” “かんがえる” “つくる” “みせる”すべてが可能な空間があれば、映画の1シーン、あるいは1カットのように、街の中から、みたこともないアイデアや作品、物語の断片を紡ぎはじめる。YADOSUは、変化していく街という劇場でイメージを宿す場です。


つくる場に泊まるという体験

Masaru Iwai  “Prologue to Yadosu” (2017)

YADOSUはロゴからリノベーションのデザイン、施工まですべてのプロセスを世界各国から招待した建築家、デザイナーによる滞在制作を経て完成させた空間です。かつて金箔職人が2Fに住み、1Fを工房として利用していた建物を、2Fに宿泊部屋、1Fにスタジオと一棟まるごと利用できるよう再現することで、ものづくりの記憶と歴史が残った地で、短期間でもじっくりと考え、制作にも集中できます。定期的に国内外で活躍するアーティストによる滞在制作がおこなわれる場に宿泊することができます。

 

築100年の元金箔職人の工房・住居

金沢は昔ながらの風習、文化、現代アートが混在するコンパクトな街。YADOSUが位置する金沢市森山地区は1966年まで「大衆免(だいじゅめ)」という地名で、金箔職人への配慮のために税が免除された職人街であったという歴史をもった地にあります。明治初年(1868年)には大衆免を冠する町は金沢に18町あり、これを代表して置かれた石碑はYADOSUのすぐ裏手に残っています。

Yadosu’s neighbor

YADOSU金沢は築100年を超える金箔職人が工房・住居としていた町家を現代に蘇らせる試みです。近所では今でも自宅を金箔工房として活用して作業に取り組む人々が生活しています。古くから残る文化と新しい文化が混沌とする町に身を委ねてつくる時間と空間が此処にはあります。


ノイズから離れ静寂を堪能する

昔ながらの街並が残った住宅街の一角、中心市街地のノイズから離れた地にYADOSUは位置します。浅野川やひがし茶屋街のそばにあり、静かな夜の散歩も格別です。ぜひ自転車やウォーキングで近所散策をしてみてください。

 

YADOSU 東京

 

印刷工房をリノベーションした展示・制作・滞在を可能にする場


YADOSU東京は印刷工房をリノベーションしたシンプル空間。ホワイトキューブでもスタジオでもない境界線が曖昧な空間は、主張しすぎないこだわりが詰まった考えることも、みせることもできるシンプル空間です。また滞在スペースと制作スタジオが隣接しているので、その場でじっくりと考え、制作することができます。いろんな制作に対応できるよう、穴を開けるのも自由だし、原状復帰さえできれば、アイデア次第で空間構成も変貌自在な設計となっています。

リバーサイドでつくる


photo: Uchibori Yoshiyuki

清澄白河は昔ながらの風習、文化、現代アートが混在する小さな街。YADOSU東京は清澄白河の川沿いという好立地、元印刷工房というポテンシャルを活かし、滞在・展示・制作を可能にしています。また街全体に古い建物を利用したカフェやギャラリーがオープンするなど古くからの深川文化に、新しい文化が急激に融合し変化し続けている街です。東京にいることを忘れる下町文化と静かな環境、リバーサイド独特の雰囲気がここにはあります。

 

<運営>

代表 / artist:坂野充学 

YADOSU  Kanazawa Arts & Stay

〒920-0843 石川県金沢市森山1-12-5


+81 50-5892-9045

info@yadosu.com