日々の生活をしていると、

圧倒的に自由だけの空間や時間、仲間たちといる場所、

そんなスペースが少ないことに気がつきます。

 

旅に出て、静かな何でもない空間と時間に身を委ねたい。

 

“かんがえる” “つくる” “やどす”

すべてが可能な空間があれば、


映画の1シーン、あるいは1カットのように、


街の中から、みたこともないアイデアや作品、


物語の断片を紡ぎはじめる。

 

YADOSUは、金沢と清澄白河を舞台に、

変化していく街という劇場でイメージを宿す場です。